HEALTH

ウイルス対策について

Dr.友利のBeauty Tips

2020.04.24

COVID-19いわゆる新型コロナウィルスが猛威を振るっています。
コロナウィルス自体は風邪のウィルスの一種ですが、この新型は肺の奥まで入り込み肺炎を起こしてしまうのが特徴の一つ。また感染力が強いことでも知られていますね。

このウィルスに対する一番の予防策はまずは「手洗い」です。外部のものを触ったり、外から帰ってきた際は手洗いを習慣づけてください。ハンドソープや固形石鹸を使えばなお効果的ですが、ない場合は流水だけでも構いません。15秒から30秒をかけ「指先」を中心に「指の間」もしっかりと洗いましょう。手のひらだけを擦り合わせて洗っている方を見かけますが、手のひらよりも指をよく洗浄することがキモ。指の間も1本ずつ丁寧に洗い上げることで手についたウィルス量を減らすことができます。

もうひとつ、日本ではポピュラーな予防策「マスク」について、一説ではウィルスの分子が小さい為マスクでは防御できないという説もあるようですが、個人的にはマスク着用はとても有効だと考えています。ある調べによると人は1時間のうちに20回以上も無意識に顔付近を触っているのだそう!それも目、鼻、口元を触る頻度が殆どのようです。ウィルスが目、鼻、口などの粘膜に付着し感染する可能性を考えると、外出中のマスクは無意識に顔に触れる回数を減らしウィルスの体内侵入を防ぐ働きもあると思います。

外出の際はマスクの着用、人との距離をあける、ものや場所をむやみに触らない、また外から帰ったらまずは「手洗い」。念を入れるのであれば洋服を着替えたり、シャワーや洗髪をするのもいいでしょう。

ウィルスを正しく知って正しく予防し、毎日の健康を守りましょう。"

WRITTEN BY

VITALISM開発プロデューサー 友利

VITALISM開発プロデューサー

表参道スキンクリニック

友利 新 先生

READ

東京女子医科大学卒業。 現在、表参道スキンクリニックに勤務の傍ら医師という立場から、美容と健康を医療として追求し、美しく生きるための啓蒙活動を雑誌・TV などで幅広く展開中。

友利 新 オフィシャルSNS

SHARE

RECOMMEND COLUMN

ALL COLUMN