COOKING

頭皮環境改善に良い8月旬の食材 <枝豆>

Doctor's Beauty Diary

2020.08.07

■枝豆は高タンパク低カロリー
枝豆に代表される「高タンパク低カロリー」の食材が髪に良い理由は、動物性脂肪の摂取を控えながら、タンパク質による栄養補給がおこなえるところです。

タンパク質は髪を作る栄養素なので、ヘアケアを考えるうえで最も重要な栄養素と言っても過言ではありません。
しかしタンパク質が多く含まれている食材は、動物性脂肪も豊富な物が多く、カロリーの過剰摂取になりやすいです。

動物性脂肪の過剰摂取は肥満の原因になるだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。
頭皮の皮脂詰まりによる、頭皮の嫌な臭いや髪のベタつきの原因となるのです。
そのため、髪や頭皮のためには「高タンパク低カロリー」の食材を摂るのがよいでしょう。

また、この機会に栄養と頭皮環境のメカニズムについても理解しましょう。

■頭皮には余った栄養素が運ばれます
血液は食事や呼吸で体内に摂り入れられた栄養や酸素を各器官へ運ぶ役割がありますが、血液の流れが悪くなると、当然髪にも悪影響が発生します。
毛細血管を通って運ばれてきた栄養や酸素を毛乳頭が受け取り、毛母細胞分裂へ供給します。
しかし、頭皮へ栄養が運ばれるのは、臓器など人間が生きていく為に必要な場所へ栄養供給がされ、余った分が頭皮へ運ばれます。
したがって、血流が悪かったり、栄養が不足していると毛細血管から毛乳頭に栄養が運ばれず、髪の育成に悪影響を及ぼすどころか栄養失調などが原因となり、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまいます。

■髪の生成にはタンパク質が必要な栄養素となります
髪は「ケラチン」というタンパク質でできています。
人の身体を構成する栄養素として2番目に多いものがタンパク質となります。
髪以外にも、胃、腸、肺などの臓器、血管や血液、神経、肌及び筋肉もタンパク質から構成されています。
髪の生成のためにタンパク質を積極的に摂取することは大切なことですが、タンパク質はそのまま体内には吸収されません。
身体の中でアミノ酸に分解され、分解されたアミノ酸が腸で吸収されることで、ケラチンタンパク質に再構成されます。


枝豆は塩茹でするだけでも十分おいしく食べられるので、髪のためにも積極的に食べるようにしましょう!

SHARE

RECOMMEND COLUMN

ALL COLUMN