COOKING

頭皮環境改善に良い 7月旬の食材<ししとう>

Doctor's Beauty Diary

2020.07.03

ししとうは様々な栄養素を豊富に含んでおり、健康効果や美容効果が注目されている食材です。
ししとうに含まれる栄養素や、期待できる健康・美容効果、また栄養素を損なわない調理方法をお届けいたします。

●栄養素①カプサイシン
効果・効能:
エネルギー代謝の促進 ・アドレナリン分泌の促進 ・発汗作用 ・デトックス効果
ダイエット効果もあると言われています。
しかし、ただ食べているだけでは、あまりダイエット効果は期待できないと言われています。ダイエット効果を期待してししとうを食べる場合は、必ず適度な有酸素運動も並行して行うようにしてください。

●栄養素②βカロテン
効果・効能:
抗酸化作用 ・老化防止 ・美肌効果 ・免疫力の向上
また、βカロテンは非喫煙者に限り、がん抑制効果があるとも言われています。
がん抑制効果については、まだ研究途上で、研究機関によって異なる結果が出るなどはっきりとしたことはわかっていません。
ただ、身近な食材でがんを抑制できるとなると、とても嬉しいですよね。

●栄養素③ビタミンC
効果・効能:
コラーゲンの生成 ・メラニン色素の分解 ・免疫力の向上 ・疲労回復 ・精神的、物理的ストレスへの抵抗力向上 ・抗酸化作用 ・動脈硬化や心疾患の予防
野菜や果物に含まれるビタミンCは、過剰摂取による害がないため、摂りすぎるということがありません。
もし摂りすぎても、体内で使用されなかった分は尿から排出されるため、安心してたくさん摂ることができますよ。

●栄養素④カリウム
効果・効能
細胞を正常に保つ ・血圧の低下 ・体内の恒常性の維持 ・脳卒中の予防 ・骨密度の増加 ・生活習慣病の予防
カリウムは、1日3食きちんと食べている場合、不足することはありません。
ただし、食生活が乱れている人や、野菜や果物をあまり食べない人は、不足していることもあります。
生活習慣病にとても役に立つ栄養素なので、ぜひ積極的に摂取してみてくださいね。


●ししとうの栄養価を損なわない調理法
・加熱時間は短くする
ししとうに含まれる栄養素は、熱により失われるものも多いです。そのため、できるだけ加熱時間が短くしましょう。ししとうは、さっと焼いてから塩をかけるだけでも、お酒のおつまみにぴったりな焼きししとうが完成します。お好みの塩加減で、ぜひししとう本来の味を堪能してみてくださいね。

・油を利用した調理をする
ししとうの栄養素の中には、油を利用することで栄養の吸収率が高まるものもあります。そのため、炒めものや天ぷらにして食べるのもおすすめです。ただ、熱に弱い栄養素もあるので、調理時間を加減するとよいでしょう。

いかがでしたか?健康な頭皮環境は日常の食事から。

ぜひ、実践してみてください!

SHARE

RECOMMEND COLUMN

ALL COLUMN