BEAUTY

意外と知らない?肌の乾燥原因

Doctor's Beauty Diary

2020.04.01

春の訪れを感じる3月ですね。しかし暖かい日がある反面、冬の寒さに逆戻りしたり、気候が安定しないのもこの時期の特徴。まだまだ外気の乾燥も気になります。
外気の乾燥のほか、室内では暖房の影響での乾燥も進みがち。外的要素の乾燥対策には、化粧品による保湿や加湿器の使用などが有効なのは皆さんもご存じですよね。

今日お話しするのは乾燥や肌荒れの意外な原因のひとつ、「ストレス」についてです。
ストレスが体に良くないことはなんとなくイメージがつきますが、肌にもよくないのはなぜでしょう。一般的にストレスを受けると体の血管が緊張、収縮します。細くなった血管は血液を十分に運ぶことができず、細胞の隅々にまで栄養がいきわたらなくなるいわゆる「血行不良」が乾燥や荒れ肌の原因のひとつです。

また、ストレスを受けるとコルチゾールという「ストレス対抗ホルモン」が分泌されますが、このコルチゾールが必要以上に働くと男性ホルモンが過剰に分泌され、皮脂バランスを左右する原因にもなるのです。
加えて、ストレスを受けると肌の細胞を生み出す基底膜という部分にダメージを受けることもわかっています。ダメージをうけたまま生み出される肌の赤ちゃん細胞はいわゆる「老け細胞」。そもそもがいびつな形をした「老け細胞」なので、結果として肌機能がうまく働かず乾燥や荒れ肌となってしまうことにもつながります。

外的な乾燥を防ぐことと共に、内面ではストレスを受けない、うまく緩和するということも
肌にとっては重要なことなのです。

SHARE

RECOMMEND COLUMN

ALL COLUMN