BEAUTY

コロナ太り解消法教えます

Dr.友利のBeauty Tips

2020.07.31

今年の春は外出自粛や在宅勤務などでいわゆる「コロナ太り」をした方も多いのではないでしょうか。
薄着になる季節、やっぱりダイエットが気になりますよね。
ご存じのように、太るメカニズムは摂取カロリーと消費カロリーのバランス。外出や出勤を控えていた時期は以前の生活よりも活動量が減ってしまいます。
また、変化した生活習慣の中で知らずにストレスがかかり、ついついお菓子をつまんでしまう、なんていうこともあるでしょう。

今回は私も実践している「ストレスをためない食欲の抑え方」をご紹介いたします。

2005年にオックスフォード大学の新譜論博士が発表した「プロテインレバレッジ仮説」をご存じですか?
これは食欲とたんぱく質の摂取量は逆相関関係になっているという説で、
人は1日のたんぱく質の必要量を満たすまで、摂取カロリーを増やして「たんぱく質を摂ろう」としているのではないか?というもの。
この仮説に基づくと「たんぱく質量が満たされていれば食欲を抑えられる」と考えられます。
私は朝食にボウルいっぱいのサラダとゆでたまご、そしてプロテインドリンクを摂るようにしていますが、
とても腹持ちがよくランチは軽く済ませることも多いのです。
これはいわゆる「プロテインレバレッジ効果」で自然に食欲が抑えられていると考えられます。
また食物繊維には「セカンドミール効果」という、次に摂る食事での血糖値の上昇をおさえる働きがあるので、
たんぱく質と野菜をきちんと摂取することはダイエットに効果的と言えるでしょう。

肉や魚などはたんぱく質豊富な食材ですが、これらが食事で摂れないときはプロテインドリンク、プロテインバーなどを
取り入れるのも便利です。最近ではたんぱく質が強化されたヨーグルトなども販売されていて私も時々食べています。

「食べてはいけない」と思い込みストレスをためがちなダイエットですが、たんぱく質をしっかりと摂取することで
イライラせずに摂取カロリーをセーブすることができます。
筋肉や骨はもちろん、髪の毛や肌にも大きな影響を及ぼすたんぱく質をしっかり摂って健康的なダイエットを目指しましょう。



WRITTEN BY

VITALISM開発プロデューサー 友利

VITALISM開発プロデューサー

表参道スキンクリニック

友利 新 先生

READ

東京女子医科大学卒業。 現在、表参道スキンクリニックに勤務の傍ら医師という立場から、美容と健康を医療として追求し、美しく生きるための啓蒙活動を雑誌・TV などで幅広く展開中。

友利 新 オフィシャルSNS

SHARE

RECOMMEND COLUMN

ALL COLUMN