FAQ

製品について

  • Q: バイタリズムシリーズと他の一般的なヘアケアシリーズとの違いは何ですか?
    READ
    A 弊社オリジナルのコンプレックス成分【ピロミジロール】を配合しています。
    ピロミジロールとは、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、サッカロミセス溶解質エキス、キハダ樹皮エキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲンの5つの成分を独自の割合で調製したコンプレックス成分です。毛髪・頭皮のうるおいを保ち、毛髪にハリ・コシをあたえます。
    CLOSE
  • Q: iPS成分って何ですか?
    READ
    A 多能性幹細胞iPS細胞から名付けられた美容成分です。
    皮膚の細胞は、成体幹細胞の持つ自己再生能力により恒久的に再生を繰り返します。これまで数々の研究で、表皮の基底層の隙間にある幹細胞が表皮の再生に重要であるといわれています。バイタリズムスカルプケアトニックには、ほとんど雨の降らないモロッコ南西部の砂漠地帯にしか生息しない樹木、アルガンツリー芽由来の幹細胞エキス(アルガニアスピノサ芽細胞エキス 保湿成分)(保湿成分)を配合しています。アルガンツリーは7年間雨が降らなくても枯れないパワーを持っているといわれています。
    CLOSE
  • Q: ピロミジロールって何ですか?
    READ
    A ピロミジロールとはプロテックス・ジャパン社が開発した新成分であり、一年以上基礎研究及び成分複合実験を繰り返し2013年に誕生した新化粧品原料です。プロデューサーの友利新さんは日本で初めてこのピロミジロールを成分としてバイタリズムシリーズに採用配合しました。(現在、基礎化粧品原料の権利申請中です)
    「ピロミジロール」の成分は下記の5成分です。
    ・ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
    ・サッカロミセス溶解質エキス
    ・キハダ樹皮エキス
    ・水溶性コラーゲン
    ・加水分解コラーゲン
     (すべて保湿成分)

    CLOSE
  • Q: ヘアケア製品の開封後の使用期限は?
    READ
    A 開封後は、なるべくお早めにお使いください。
    CLOSE
  • Q: 効果的な使い方を教えてください。
    READ
    A: シャンプーは二度洗いが基本です。まず、シャンプー前にまんべんなくお湯をいきわたらせることにより、髪の汚れの80%は落ちます。予洗いすることで、泡立ちをよくして摩擦が少なく洗えます。その後、手で全体にシャンプーを馴染ませ、一度目は泡立て程度に、二度目は頭皮を指の腹でやさしく洗う、二度洗いをしてください。この時、頭皮をマッサージしていただくとより効果的です。その後、シャンプーが頭皮に残らないようしっかり洗い流し、コンディショナーを適量取り、手に広げ、ダメージ部分(毛先)に馴染ませます。毛先にトリートメントを二度づけするか、5分ほどホットタオルかラップを巻いて放置していただくとしっとりした質感に仕上がります。
    スカルプトニックは頭皮の頭頂部、生え際に沿って、噴霧して指先で馴染ませ、頭皮をマッサージします。頭頂部に向けて頭皮の筋肉を集めるイメージで引き上げると効果的です。
    CLOSE

ヘアケア製品について

  • Q: なぜ歳をとると髪にハリ・コシがなくなってくるのでしょうか?
    READ
    A 女性の場合、加齢と共に女性ホルモンが減少するため、髪質が変わることは知られています。
    実際に、40代位から、髪は細くなり、その影響でハリ・コシが無くなってくることがわかってきました。出産の前後でホルモンバランスが崩れることでも同様の現象はおこります。男性の場合も加齢によるホルモンバランスの変化が影響していると考えられます。
    CLOSE
  • Q: 普段、自然乾燥なのですが、ドライヤーは使った方がよいのでしょうか?
    READ
    A 適度なドライヤーの使用を心がけましょう。
    髪は濡れるとキューティクルが開くので、とてもデリケートな状態になっています。そのため、きちんと乾かす事が重要です。自然乾燥してしまうと、摩擦などの刺激を受けやすい状態が続くことになるだけでなく、キューティクルが開いたままになり、パサついてしまいます。シャンプー後はタオルで「押さえる」ように水気をとり、仕上げにドライヤーで乾かしてください。この時、ドライヤーの風を根元から毛先に向かって当てると、キューティクルが整った艶髪に仕上がります。乾かしすぎは逆効果ですが、適度なドライヤーをおすすめいたします。
    CLOSE
  • Q: 薄毛・抜け毛の原因は何ですか?
    READ
    A 抜け毛や薄毛の原因には、男性ホルモン、遺伝など様々な要因が関わっています。特に男性ホルモンについては、5α-リダクターゼといわれる酵素によって活性化され、アンドロゲンレセプターといわれる毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に結合すると強力な発毛抑制作用がうまれ、薄毛を進行させてしまいます。栄養の偏った食事や喫煙、睡眠不足、ストレスなども薄毛の一因といわれています。
    CLOSE

ご注文について

  • Q: 商品のご注文、お届けに関しての質問は?
    READ
    A 本サイト、STORE INFOページからご希望の購入方法を選択してご購入下さい。 お届けなどに関するご質問などは、CONTACTページ をご確認ください。
    CLOSE
  1. TOP
  2. FAQ