BEAUTY

「マスク荒れ肌」の洗顔はどうする?

Doctor's Beauty Diary

今年は3年ぶりに行動制限のない夏でした。
でも、人混みや通勤電車など、まだまだマスクを手放せない場面も少なくありません。
そんな長期間にわたるマスクの着用で、“マスク荒れ”に悩む人が増えています。

 

もし、肌がマスク荒れしてしまったら、あなたは洗顔をどうしますか。 とりあえず、いつもの洗顔料を使いますか。それとも、お湯だけで洗いますか。

 

肌がマスク荒れのようなダメージを受けているとき、肌がカサついているようなときは、お湯だけで顔を洗った方がいいような気がしてしまいます。 洗顔後に、肌が乾燥したように感じてしまう洗顔料もあるからです。

 

でも、それでもやっぱり、朝の洗顔には、洗顔料を使うのがおすすめです。
眠っている間も、人は汗をかき、肌からは皮脂が分泌されています。
そんな肌に空気中のホコリや汚れがつき、長時間空気にふれていると酸化が起こります。
この酸化した物質が長時間肌にのったままになると、炎症を引き起こし、乾燥やくすみの原因になってしまいます。
朝の洗顔には、寝ている間に分泌された余分な皮脂や表面についたホコリを落として肌をリセットする大切な役割があります。
だから、肌がマスク荒れしているときも、朝の洗顔には洗顔料を使うのがおすすめです。

 

ただし、ここでポイントとなるのが洗顔料選び。
マスク荒れなどダメージを受けた肌に使うなら、アミノ酸系洗浄成分など肌にやさしい洗浄成分を使ったものを選びましょう。
また、コラーゲンなどの保湿成分やビタミン類などの美容成分を配合したものも、マスク荒れした肌にはおすすめです。
大切なのは、必要な潤いはしっかり守り、不要な汗や皮脂はやさしく落とす洗顔料を選ぶことです。

 

朝の洗顔は、スキンケアの第一歩。
賢い洗顔料選びで、マスク荒れした肌をいたわりながら、やさしく洗ってあげましょう。

 

VITALISM JOURNAL編集部

x